スポンサーリンク

任天堂は、ニンテンドースイッチ向けの新作『Nintendo Labo(ニンテンドー ラボ)』を2018年4月20日(金)に発売すると発表しました。


『Nintendo Labo』は、段ボール製の工作キットを組み立て、「ピアノ」や「つりざお」「バイク」「ロボット」など「Toy-Con(トイコン)」と呼ばれるコントローラーを自分の手でつくるところから始まります。

『Nintendo Labo』のシリーズ第1弾「バラエティキット」(6,980円+税)と、第2弾「ロボットキット」(7,980円+税)は、2018年4月20日(金)発売予定。それぞれのキットには Nintendo Switch用ソフトと ダンボールシートやヒモなどが付属しているとのこと。

併せて、マスキングテープ(2種類)、ステンシルシート(2枚)、シール(2種類)が同梱した「デコるセット」(980円+税)も同日発売予定。なお、『Nintendo Labo』の更なる情報は、公式サイトの今後の更新で明らかになるとのことです。

任天堂はこうきましたか・・。正直公開された動画を見ただけでワクワクが止まりませんでした。昨今のゲームと言えば、やれオープンワールドだのやれ高画質化だのと「ゲームの楽しさ」とは一体何かを考えさせられるようなことが多かったのですが、任天堂の出した答えがこの『Nintendo Labo』の様です。テレビゲームがテレビゲームだけでは終わらない。そのうち様々なカスタマイズキットの販売や方法が公開されて発想の数だけ遊び方が無限大なゲームになるんでしょうか。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事