スポンサーリンク

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社は、ハイレゾリューション(以下、ハイレゾ)音源に対応し高音質再生を楽しめるパイオニアブランドの密閉型インナーイヤーヘッドホン「SE-CH5T」の新色2モデルを追加して発売すると発表した。

商品名:密閉型インナーイヤーヘッドホン
型番・カラー:SE-CH5T-W・ホワイト、SE-CH5T-P・ピンク
希望小売価格:オープン価格
発売時期:1月下旬
 ハイレゾ対応インナーイヤーヘッドホンをより親しみやすい存在にするため、デジタルミュージックプレーヤー
“private”(プライベート)「XDP-20」(http://www.jp.onkyo.com/news/newproducts/audio/xdp_20/)の専用カラーバリエーションとして採用している柔らかな印象で質感の違う2つの新色、マットな“ホワイト”とパール調の“ピンク”をラインアップに追加することで、お好きな色を選べる選択肢が増えるとともに、「XDP-20」とのカラーコーディネートを楽しめます。
本機は、躍動感のある低域から伸びのある高域までの広帯域再生を実現しハイレゾ音源の再生に対応する新開発のドライバーを搭載するとともに、筐体の内部から外部に向かう通気部にチューブを使った“Airflow ControlPort”(エアフローコントロールポート)により、高音質再生を実現します。
【主な特長】
1) 質感にもこだわった上質なカラーリング
ハイレゾ対応のインナーイヤーヘッドホンを親しみやすい存在にするため、柔らかな印象で質感の違うオリジナル
の新色2モデルをラインアップに追加しました。マット仕上げで落ち着いた印象の“ホワイト”と、奥行き感のある偏光パールを施した“ピンク”の2色は、いずれも質感の高いカラーリング(塗装)仕上げにしています。既発売の4つのカラーバリエーション(レッド/ネイビーブルー/シルバー/ブラック)にピンクとホワイトが加わったことで、お客様が自分の感性やファッションに合う色を選ぶことができます。2) 躍動感のある低域から伸びのある高域までの広帯域再生を実現するハイレゾ音源対応の新開発Φ9.7㎜ ドラ
イバー

新開発ドライバーの振動板は、コンピューターでの反復解析により振幅対称性を高め、低歪化と低域感度の向上
を両立した躍動感のある低域再生に加え、振動板中央ドーム部の高さや形状を調整し分割振動を抑えることで、ハイレゾ再生に最適な伸びのある高域再生を可能にしており、高音質な広帯域再生を実現します。


3) クリアな中音再生を実現する“Airflow Control Port”
筐体の内部から外部に向かう通気部にチューブを使った“Airflow Control Port”(エアフローコントロールポート)(特許出願中)を設け、低音の音圧バランスを最適化することで、引き締まった低音とクリアな中音による高音質再生を実現します。

4) 再生音をストレートに鼓膜へ届けるノズル形状を採用することでクリアな高音再生を実現
ノズルの内径を広げ、ドライバーを鼓膜に近い位置に設置するノズル形状を採用することで、振動板の再生音を
ストレートに鼓膜に伝えることができるとともに、波長の短い高音が打ち消し合う反射波形を抑えることが可能となり、クリアな高音再生を実現します。

5) オーバーイヤーフィットスタイルでタッチノイズを軽減
オーバーイヤーフィットスタイルを採用することで、装着の安定性が向上するとともに、コードのタッチノイズを
軽減することができます。

6) 左右のチャンネルセパレーションを改善するツイストコードの採用
左右のアース信号(グラウンド)をL/R分離したことにより、左右のチャンネルセパレーションを改善しタイトな低音と広大な音場再生を実現します。7) その他の特長
・優れた遮音性能と不要な振動を抑えるリブ付きのイヤピース。
・持ち運びの際に便利なキャリングポーチ付属。
・スマートフォンでの通話が可能なコントロールBOX付き。

※製品詳細は、以下の商品サイトをご覧ください。
http://pioneer-headphones.com/japanese/premiumsound/se-ch5t.html



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事