システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(http://www.lifeboat.jp/) は、ディストリビュータ契約を締結している独TeamViewer GmbH(https://www.teamviewer.com/)が世界で初めて、iPhoneなどiOS 11の画面をパソコン上にリアルタイムで表示することができる公式アプリをリリースしたと発表した。

「TeamViewer(チームビューア)」は、世界で15億台以上のデバイスにインストールされ、常時2,000万台が稼働している代表的なリモート操作ツールとなります。「TeamViewer」の利用者は、最高水準のセキュリティが確保された環境で、安心してリモート操作やリモートサポート、オンライン会議を行うことができます。

今回、リリースしたアプリでは、リアルタイムでiOS上の画面をパソコン上に表示させることが可能となり、iPhone/iPadの技術サポートを実際の画面を確認しながら適切に行えるようになる他、カメラの画面を共有することで、カメラに映し出された映像により遠隔地の情報を共有できる等、幅広い用途で利用することができるようになります。
TeamViewerユーザーは、2017年10月30日まで、このiOSの画面共有アプリを無料で使用することができます。

参考動画(英語)

■TeamViewerの主な特長
◇ クラウドベースのリモートコントロール(リモート操作、リモートサポート、オンライン会議)
◇ マルチプラットフォーム対応(Windows、Mac OS、Linux、iOS、Android等)
◇ 最高水準のセキュリティ環境での接続とアクセス保護
◇ スムーズな接続と高速なファイル転送
◇ 接続先の端末数は無制限

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事