シャープは、スマートフォン市場におけるニーズの拡がりを受け、新シリーズとして「AQUOS sense」を製品化し、スタンダードラインのシリーズ名称を、2017年冬モデルより「AQUOS sense」として展開すると発表した。本シリーズは、高精細で色鮮やかな「フルHD IGZO液晶ディスプレイ(※1)」を搭載、磨き抜かれた基本性能によって安心して使えるスマートフォンを提供していくとのこと。

スマートフォン2017年冬モデル「AQUOS sense」(左から、シルキーホワイト、ベルベットブラック)

●画面はハメコミ合成です。実際の表示とは異なる場合があります。
●開発中の端末であり、デザインが変更になる場合があります。

※1 IGZO液晶ディスプレイは、株式会社半導体エネルギー研究所との共同開発により量産化したものです。

本製品に関する情報は、以下のウェブサイトでもご覧いただけます。
http://www.sharp.co.jp/k-tai/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事