Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、本日2017年9月28日(木)、今までの4K Ultra HDに加え、新たに高画質映像技術のHDR(High Dynamic Range)に対応し、デザインもよりコンパクトに一新されたメディア・ストリーミング端末「Fire TV」を発表した。Amazon Fire TVシリーズの新世代の「Fire TV」は、スティック型の端末「Fire TV Stick」よりも性能が40%強化され、手頃な価格ながら、60 fps(コマ/秒)やHDRによる鮮明な画像・色彩の再現やDolby Atmosの音響技術への対応により、4K Ultra HDならびにHDR対応テレビで、よりリアルな高画質、高音質なコンテンツを楽しめるようになった。新型Fire TVの価格は8,980円(税込)*で本日より予約受付を開始し、出荷開始は10月25日(水)を予定しているという。

Fire TVは、本日からhttps://www.amazon.co.jp/ および一部の家電量販店で予約注文を受け付けます。10月25日(水)に出荷を開始する予定です。詳細は、http://www.amazon.co.jp/firetv をご覧ください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事