世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixは本日、日本のアニメプロダクションの株式会社プロダクション・アイジーおよび株式会社ボンズとアニメ作品における包括的業務提携を結ぶと発表した。

本提携により、Netflixは株式会社プロダクション・アイジー、株式会社ボンズの両社とそれぞれにアニメエピソードを共同で制作、Netflix上で全世界190カ国に配信する予定だという。また、株式会社プロダクション・アイジーの包括的業務提携の中にはグループ会社である株式会社ウィットスタジオも含まれているとのこと。制作される作品の詳細は追って決定される予定だ。

本業務提携にあたり、株式会社プロダクション・アイジー代表取締役社長の石川光久氏は次のように述べている。

「日本発の高品質なコンテンツをNetflixを視聴する世界中の人々に届け、楽しんで頂くことができるのは、アニメに関わる制作者にとって非常に喜ばしいことです。言語問わず楽しんでいただけるようなコンテンツの制作に努めます。」

また、株式会社ボンズ代表取締役社長の南雅彦氏は、「世界中の視聴者に対して作品を発信できる今回の提携は、弊社のクリエーターにとって大きな意味があることだと感じています。今後Netflixと一緒に、国籍や年齢を問わず多くの人に感動を与え、末永く見続けてもらえる良い作品を制作していきたいと思います。」

Netflixのグローバルアニメの責任者であるバイスプレジデントのロバート・ロイは、「日本のアニメは独自のビジュアルインパクトやストーリーの深さが世界中のアニメファンから定評があります。このたびI.G様およびbones様と提携させて頂くことで、アニメ作品のプロデュースから配信にまで携わらせて頂くことを大変嬉しく思います。Netflixが日本のアニメ文化の発展、また国や言語を超えるグローバルな配信に貢献できれば幸いです。」と述べた。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事