スポンサーリンク

PlayStation®4およびNintendo Switch™ で2018年発売予定の『戦場のヴァルキュリア4』 の、新たな登場人物や成長システムなどゲーム情報第3弾が公開されました 。

 

■「戦場のヴァルキュリア」シリーズとは
「戦場のヴァルキュリア」シリーズとは、まるで手描きの水彩画のような暖かみのあるグラフィックを実現した表現「CANVAS(キャンバス)」と、戦略とアクションが融合し、戦場を体感できるシステムである「BLiTZ(ブリッツ)」を基幹システムとして採用し、戦争という極限状態が織り成す様々な人間ドラマを描いたアクティブ・シミュレーションRPGです。
2008年にPlayStation®3用ソフトとして 『戦場のヴァルキュリア』が発売され、ワールドワイドで大ヒットを記録。2009年にはTVアニメ化もされるなど展開はゲームだけにとどまらず、多くのユーザーの支持を獲得しました。
2010年にPSP®「プレイステーション・ポータブル」で『戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校』、2011年には『戦場のヴァルキュリア3』を発売。
また、『戦場のヴァルキュリア』 はSteamで全世界に開し累計販売数が100万本を突破。2016年にはPlayStation®4で『戦場のヴァルキュリア リマスター』が発売されました。

 

■ 登場人物紹介
これまでのシリーズと同様に 多彩で魅力的な登場人物が多数登場、今回は、エディンバラ軍でE小隊を取り巻くキャラクターたちを紹介します。

 

◆アンジェリカ・ファーナビー(CV:佐倉 綾音)
E小隊に紛れ込んだ、元気で健気な民間人の女の子。
発見されたときには名前以外の記憶を失っており、紛れ込んだ経緯など多くが不明である。
子供らしいワガママを言わず、周りを気遣ったりしている心優しい性格。
軍医のもとに保護されていたが手伝いたいと申し出、食事や洗濯、掃除などを率先してこなし、明るい性格も手伝い兵士たちの人気者となっている。
隊内では「アンジェ」と愛称で呼ばれている。

 

◆ミネルバ・ウィクトル(CV:早見 沙織)
エディンバラ軍 第101師団 第1戦闘旅団 第32機甲レンジャー大隊F小隊 小隊長 中尉。
エディンバラの士官学校でのクロードの同期で、次席で卒業した。主席卒業を目指して、訓練と勉強に努力を惜しまなかったが、クロードには及ばず。以来、クロードを強くライバル視しており、クロードが主席に選ばれたのは何かの間違いで、実力では自分の方が上と言い張り続けている。
父の影響でエリート意識が高く、正々堂々と戦うという騎士道精神を重んじている。
半面、融通が利かず不必要に物事に固執するきらいはあるが、優秀な士官であることは間違いなく、実際昇進はクロードよりミネルバのほうが早く、彼女が先任中尉である。クロード以外の相手には社交的で優しい。

 

 

◆カレン・スチュアート(CV:斉藤 佑圭)
エディンバラ軍 第101師団 第1戦闘旅団 第32機甲レンジャー大隊E小隊 衛生兵。
階級は伍長。おっとりした優しい性格で、隊内では彼女の笑顔に癒されると人気。実は男所帯で育ったため男性の扱い方が上手く、負傷して担ぎ込まれると笑顔で傷口を縫合してもらえる。医大を目指していたが、家計を助けるため志願して従軍している。

 

 

◆ラグナロック
エディンバラ軍E小隊衛生犬。部隊のマスコット的存在。
元は従軍中に拾われた野良犬。クロードたちに懐きE小隊に加わった。
勇敢な性格で銃弾や爆撃の中でも恐れることなく戦場を駆けまわり、負傷兵の救護を行ってくれる。また、弱い者を放っておけず、つい助けてしまうことも。
プライドが高く、頭を撫でられると怒るが、自分に餌をくれる兵士(特に女性)に対しては、比較的愛想よく振る舞う。クロードたちを半人前だと見ており、その様子に危なっかしさを感じて、仕方なく彼らを助けることにした。しかしクロードたちにはそうした思考は伝わっておらず、人懐っこいバカ犬といった認識で見られている。

 

 

■ 成長システムについて 
◆訓練場について

前線拠点にある「訓練場」では、先任士官のミネルバ・ウィクトル中尉が指導してくれます。しっかりと説明を頭にたたき込みましょう。

 

各兵科に必要な経験値を割り振るとレベルアップします。
どの兵科をどれだけ育てるかは、隊長であるプレイヤー次第です。

 

兵科のレベルを上げると新たな「オーダー」を覚えたり、「バトルポテンシャル」に目覚めたりすることもあります。

 

また、兵科レベルが11に達すると、上級兵種である「猟兵」にランクアップします。猟兵になると新たに武器を使えるようになるなど、新たな戦術の幅が広がります。

●各兵種の上級兵種について

偵察猟兵(←偵察兵) 
能力が全般的に向上し、「ライフルグレネード」が使用可能になります。
ライフルグレネードは普通の手榴弾に比べて、遥か遠くまで手榴弾を飛ばすことができるようになります。

突撃猟兵(←突撃兵)
能力が全般的に向上し、「火炎放射器」が使用可能になります。
火炎放射器は土嚢の防御効果を無視して、横薙ぎに広範囲の敵を焼き払いますが、射程距離は長くありません。

狙撃猟兵(←狙撃兵)
能力が全般的に向上し、「オートスナイパーライフル」や「対戦車スナイパーライフル」が使用可能になります。
オートスナイパーライフルは 3点バーストで攻撃する、3連射の狙撃銃です。
対戦車スナイパーライフルは対甲攻撃力の高い狙撃銃です。
また、今作から「狙撃猟兵」になることで反撃および迎撃を行うようになります。

対戦車猟兵(←対戦車兵)   
能力が全般的に向上し、「迫撃槍」が使用可能になります。
迫撃槍は範囲攻撃効果を持つ榴弾を発射できる武器です。
放物線を描いて着弾位置で爆発する、対人攻撃力の高い武器です。

支援猟兵(←支援兵)
能力が全般的に向上し、「車両修理キット」の回復量がアップします。

擲弾猟兵(←擲弾兵 )
能力が全般的に向上します。

◆オーダーについて

「オーダー」は、主人公や敵のボスがコマンドモード中にCPを消費して使用する特殊行動です。
自軍ユニットのパラメータ変化や、増援・撤退などの効果があります。
オーダーは兵科のレベルを上げるほか、「サロン」で仲間たちと相談をするうちに覚えるものもあります。

◆ポテンシャルについて

「ポテンシャル」は、キャラクターの個性や兵士としての熟練度を表現するためのものです。
ゲーム中では、操作しているユニットの状態が変化する、ある種の「状態異常」で、アクションモード中に条件が揃った際、一定の確率で発動します。

ポテンシャルの内容には、個人の性格や気質に由来する「パーソナルポテンシャル」と、兵科の熟練度に由来する「バトルポテンシャル」があります。パーソナルポテンシャルには良いものもあれば悪いものもありますが、バトルポテンシャルは基本的に能力が上がります。

両ポテンシャルは初めからすべてを習得しているわけではなく、ゲームの進行中に目覚めたり習得したりします。またパーソナルポテンシャルは、特定のストーリー攻略ミッションの完了などで入れ替わる場合があります。

◆作戦司令室について

「作戦司令室」では、部隊員の入れ替えや装備の変更が可能です。状況に応じた編成で、部隊を勝利に導きましょう。

 

キャラクターごとに取得できるポテンシャルは異なります。また、兵種によって能力差や得手不得手があるため、各キャラクターの強化を怠らないようにしましょう。

※画面は全てPlayStation®4版のものとなります。また開発中のため実際の仕様とは異なる場合がございます。

【 商品概要 】
商品名: 戦場のヴァルキュリア4
対応機種: PlayStation®4 / Nintendo Switch™
発売日:PS4®版   2018 年 3 月 21 日(水) 発売予定
Nintendo Switch™版   2018年夏 発売予定
価格:PS4®通常版:7,990 円(税別)
PS4®限定版「10th アニバーサリー メモリアルパック」:12,990 円(税別)
Nintendo Switch™版:未定
ジャンル: アクティブ・シミュレーション RPG
プレイ人数:1人
発売・販売: 株式会社セガゲームス
CERO表記: C区分(15歳以上対象)
著作権表記: ©SEGA
公式サイト: http://portal.valkyria.jp/new/
公式Twitter:https://twitter.com/valkyria_sega

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事