Tokyo Otaku Mode Inc.は、世界的な人気作品『進撃の巨人』の商品開発プロジェクト〈進撃のグッズ兵団〉より、立体機動装置をモチーフにしたバッグ「立体機動ポーチ」を発売すると発表。本商品は、11月07日11時(日本時間)より日本を含む全世界に向けて予約販売を開始するとのこと。
(予約ページ:https://otakumode.com/fb/8De

商品仕様使い方は4通り!様々なシーンで活躍するウエストバッグ

今回、予約販売を開始するする商品は、「進撃の巨人」の主人公エレンが所属する調査兵団で使用される立体機動装置をモチーフにしたウエストバッグです。ツイルコーティング素材のボディと本革のラベルに刻印されたエンブレムによって、『進撃の巨人』の重厚な世界観を表現しています。このバッグは全部で4種類の使い方が可能で、普段使いからアウトドアまで幅広く活躍する多機能アイテムとなっています。

3種類の兵団紋章を付け替え可能な特別セット

本体のカラーは黒とカーキの2色から選ぶことが可能です。ボディの前面には、調査兵団の紋章が刻印された革のラベルが配置されています。今回、「調査兵団」に加えて「憲兵団」「駐屯兵団」の付け替え可能な兵団紋章が付いた特別セットも用意しました。

デザイン

正面のラベルは兵団のエンブレムが刻印された本革製

背面にもZIPポケットを装備。すぐに取り出したい物を入れるのに便利です

本体側面の片側はメッシュポケットになっています

もう片方の側面にはイヤホンを通す穴を装備。スマートフォンで音楽を聞きながら移動できます

ZIPの引き手は巨人を駆逐するための武器、「超硬質ブレード」のデザインに!

500mlのペットボトルやA5サイズのノートも収納可能!

商品仕様
・ウエスト対応:最短 約68cm〜最長 約116cm(※本体含む)
・リュックベルト:長さ最短 約100cm〜最長 約162cm
・本体開口ZIP:長さ 約48cm
・両サイドポケット:W 約17cm / H 約15cm / 開口ZIP 約19cm
・背面ポケットZIP:長さ 約13cm
・両サイドベルトポケットZIP:長さ 約12cm
・内装メッシュポケット:タテ 約13cm / ヨコ 約21cm
・重量:約1100g
・素材:コットンツイル(ワックスコーティング) / 本皮
・付属:リュックベルト、ウエストベルト
販売情報
・予約受付開始:2017年11月07日11時(日本時間)
・商品発送予定:2018年2月より
・販売サイト:https://otakumode.com/fb/8De
・商品名:立体機動ポーチ 4wayバッグ 進撃の巨人モデル
・価格:通常版:9,800円(税抜)
兵団紋章セット:11,800円(税抜)

『進撃の巨人 × Tokyo Otaku Mode』商品開発プロジェクトについて
TOMはこれまでに、世界中に多くのファンを持つアニメやマンガの情報発信、関連グッズの販売、およびオリジナルグッズの開発を行ってきました。本プロジェクトでは『進撃の巨人』のファンから発信された意見や要望を取り入れた商品企画として、第一弾では公式ファンコミュニティの「みん撃」と連携した「日めくりカレンダー」を発売。オンライン予約の他、全国のコンビニエンスストアでの販売を行いました。
本企画では、国内外問わず幅広い『進撃の巨人』ファンに楽しんでいただけるように、普段使いもでき、機能性も充実したバッグをコンセプトにしております。

『進撃の巨人』について
『進撃の巨人』(しんげきのきょじん、Attack on Titan)は、諫山創(いさやま はじめ)のデビュー作品として、別冊少年マガジンにて2009年より連載中の漫画作品。突如出現した謎の存在「巨人」により絶滅の危機に立たされた人類と巨人との戦いを描く物語となっています。2011年「このマンガがすごい!」(オトコ編)にて1位を獲得、フリースタイル「THE BEST MANGA 2011 このマンガを読め!」では2位を獲得し、第35回講談社漫画賞少年部門を受賞しています。2017年8月現在までにコミックスは23巻まで刊行され、累計発行部数は6,800万部を突破しており、2度のTVアニメ化や、ゲーム、コミカライズなど、幅広くメディアミックス展開され、世界各国で高い評価を得ています。

関連サイト
Tokyo Otaku Mode Inc. Corporate Site:https://corporate.otakumode.com
Tokyo Otaku Mode Official Facebook Page: https://www.facebook.com/tokyootakumode
Tokyo Otaku Mode Shop: https://otakumode.com

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事